場面緘黙症専用ブログ

場面緘黙症の自分なりの解釈や治す方法 緘黙との上手な付き合い方。子供の頃の緘黙の話など

記事一覧

  • 2017/10/17テレビ番組の感想

    バリバラで緘黙の仕事の話が出ましたね。新聞配達をしていた加藤さんは結構重たい緘黙みたいですけど何とか働けているみたいですね。働けている理由は職場の理解があるからだと思います。こんな風にすべての職場が理解してくれればいいと思いますが実際にはなかなか難しいですよね。やっぱりいろんな条件があると思います。まず 仕事の内容ですよね。新聞を配るってさほどコミュニケーションを必要としないと思います。職場でいろ...

    記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

バリバラの感想 仕事編

バリバラで緘黙の仕事の話が出ましたね。

新聞配達をしていた加藤さんは結構重たい緘黙みたいですけど

何とか働けているみたいですね。


働けている理由は職場の理解があるからだと思います。


こんな風にすべての職場が理解してくれればいいと思いますが

実際にはなかなか難しいですよね。


やっぱりいろんな条件があると思います。


まず 仕事の内容ですよね。


新聞を配るってさほどコミュニケーションを必要としないと思います。

職場でいろんな指示や報告がなくても

一方的に指示するだけで仕事は成立します。



あとは職場の環境ですね。

大きな会社ではなく社長さんがいてあとはアルバイトみたいな感じなので

社長さんさえ理解していれば

あまり問題が起きません。



これが大きな企業だといろんな人に理解を求めなくてはいけないので

なかなか難しいと思います。





会社で働くために世間が理解してくれればいい。

そのために緘黙を知ってもらおう。


と言う意見を多く聞きます。


確かに会社が配慮してくれれば働けると思います。



ただ問題は会社が緘黙の人に配慮する理由って何?



会社と言うのは利潤を追求するのが目的です。

誰を採用するかは会社が自由に決められます。



同じ能力があって 

片方が配慮が必要な人間

片方は配慮がいらない人間

どちらを採用するかと聞かれたら普通 配慮のいらない人を採用しませんか?


余人をもって代えがたい 

特別な能力があれば別だと思いますが・・・



もしくは人がどうしても足りないから

配慮をしてでも人が欲しいとかならありかもしれません。



あるいは配慮をする分給料を下げるとか

でも配慮をするから給料を下げるって法律的にどうなんでしょうか?

いろいろクリアしないといけないことが多いと思います。



緘黙の程度にもよりますが会社員として働くのはなかなか難しいですね。

単純に緘黙の理解が広まればなんとかなると言う問題ではないような気がしますね。



あと緘黙とは関係ないかもしれませんが車で新聞配達ってどうなんでしょうか?

作業効率が悪いだろうし

ガソリン代が結構かかってしまうんではないでしょうか?


学校における場面緘黙への対応 合理的配慮から支援計画作成まで [ 高木潤野 ]
タグ
Copyright © 場面緘黙症専用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。