スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙を治す方法 子ども編

子どもの緘黙を治すにはどうしたらいいのか?
緘黙の子を持つ親ならだれもが思うところです。

まずすることは緘黙の本を買って読むのが一番手っ取り早いです。



この本は外国の本を翻訳したものなので
役に立たないとは言わないけど
学校がかなり至れり尽くせりのサービスをしてくれることを前提としています。
参考にするにはいいかもしれませんが
そっくりそのまま実践するのは難しいでしょう。




今ある緘黙の本の中では一番お勧めの本です。

ただ僕の意見としては緘黙の子も人それぞれです。
同じことをしても同じ結果になるとは限りません。
本に書いてあることを実践しようとしても
学校が非協力的だったり
思うような成果が出なかったりすることもあると思います。

緘黙を治す すぐに話せるようになるようにすることを目指すより
まずはしゃべれなくても学校が楽しい
しゃべれなくても勉強や運動を頑張れる環境を
作ってあげるのが大事なんじゃないかなって思います。
スポンサーサイト

テーマ : 社会不安障害
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。