スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙と学校の先生

学校の先生は緘黙を治したいとは思っていない。

なかには緘黙の子を助けたいと思っている学校の先生もいるでしょう。
学校の先生が治したいと思う気持ちは善意であって
治らないと自分が困るという当事者や親の治したいとは根本的に違うんじゃないかなって思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。