スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙の知識が広まったら。

緘黙の知識を広めたい。
そういう気持ちでブログを作っている人は多いんじゃないでしょうか?
で緘黙の知識(正しい対応)が広まったらどうなって欲しいか?

僕としては こんな感じです。

当事者 
なぜ学校で話せないのか 理解できればいろいろ対処法もあるんじゃないかと思います。


自分の子に対していろいろ正しい対応ができるだろうし
そうなれば緘黙の子にとっていい環境が作られると思っています。

学校の先生
僕としては本に書いてあるような対応は期待していません。
やってはいけないことはやらない。
あと負担にならない範囲で協力してもらえればいいんじゃないかなって思っています。

場面緘黙症専用ホームページ更新しました。

FC2 Blog Ranking

お勧めの緘黙の本



スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。