君の隣に 感想 その2

場面緘黙症の自分なりの解釈や治す方法 緘黙との上手な付き合い方。子供の頃の緘黙の話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

君の隣に 感想 その2

君の隣に の感想をもう一つだけ書きます。
この本の中で一番興味深かった話
さくらかよさんの担任の教師が
しゃべらせないと校長にしかられると言って
本を読んでテープに吹き込むまで教室に戻れない時があった

この担任の教師 正直というかすこしバカなんだと思う。
だいたいの人間はこういうとき
あなたの将来のためだとかもっともらしい理由をつけるんだけど
ホントに思っていることを言っている。
緘黙に関する本で教師は緘黙児にこう接するといい
といろいろ書いてあるけど
こういう教師の考え方についてはあまり考えられていない。
そこに問題があると思う。
教師というのは必ずしも子どもの将来にとって
ベストな行動をとろうと思っているわけではない。


続く
スポンサーサイト
タグ
緘黙と家族関係
学校の先生
Copyright © 場面緘黙症専用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。