スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙の本

場面緘黙児への支援-学校で話せない子を助けるために
アマゾンで買いました。
この本、いったいどれくらい売れたんだろうか?
実践してる人ってどれくらいいるんだろうか?
ネットで調べてもあまり詳しい話題聞かないな。
まあ 到着して読んでみたら感想とか書こうと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

AUTHOR:中田
EMAIL:
URL:
IP:219.173.32.1
DATE:09/18/2007 22:48:49
こんばんは。
その本、軽く眺めてみたことはあります。
現実に実践するのは日本ではかなり難しいでしょうね。
子供向けの治療?と称する本を数冊読んだことがありますが、元緘黙児の意見としては声を出すことと、話すことは別物だと思うので一応、治療に成功したその子はその後どうなったのだろうといつも思います。
私の場合、話せるようになって気づいたことは、声に出して人に話したいようなことはほとんどない・・・ということでした。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。