緘黙の本

場面緘黙症の自分なりの解釈や治す方法 緘黙との上手な付き合い方。子供の頃の緘黙の話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

緘黙の本

場面緘黙児への支援-学校で話せない子を助けるために
アマゾンで買いました。
この本、いったいどれくらい売れたんだろうか?
実践してる人ってどれくらいいるんだろうか?
ネットで調べてもあまり詳しい話題聞かないな。
まあ 到着して読んでみたら感想とか書こうと思います。

スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

コメント 1

AUTHOR:中田
EMAIL:
URL:
IP:219.173.32.1
DATE:09/18/2007 22:48:49
こんばんは。
その本、軽く眺めてみたことはあります。
現実に実践するのは日本ではかなり難しいでしょうね。
子供向けの治療?と称する本を数冊読んだことがありますが、元緘黙児の意見としては声を出すことと、話すことは別物だと思うので一応、治療に成功したその子はその後どうなったのだろうといつも思います。
私の場合、話せるようになって気づいたことは、声に出して人に話したいようなことはほとんどない・・・ということでした。
- URL 1970/01/01 09:00 Edit

コメントを書く

非公開コメント ( )

トラックバック 0

プール
Copyright © 場面緘黙症専用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。