スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙は誰の責任?

緘黙について思うこと
僕は子供の頃に緘黙が治らなかったけど
それは親の行動がその件に関してはあまり適切でなかったからだと思う。
今、緘黙(の後遺症)から抜け出せないのは
自分の行動が適切でないから。
緘黙に限らずだけど
子どもが小さければ小さいほど親の影響が大きくて
徐々に成長するにしたがって親より
本人の影響が大きくなるんだと思う。
スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。