軽い場面緘黙?

場面緘黙症の自分なりの解釈や治す方法 緘黙との上手な付き合い方。子供の頃の緘黙の話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

軽い場面緘黙?

僕は大人になってから場面緘黙という名前を知った。
どこで知ったかというとインターネットでなんとなく知った。
(まあ たいがいの人がネットで知るんだろうな。)
ネットに書いてある症状を見てたぶん自分はこれなんだろうなと思った。
たぶんインターネットが無ければ今でも場面緘黙という言葉を知らなかっただろう。
とりあえずほんとに自分が場面緘黙症なのか知りたかったので精神科を受診してみた。
こちらからは緘黙という言葉を出さずにいろいろ自分の症状を話すと
病院の先生に「軽い緘黙症だね。」と言われた。
告知されてほっとした反面少し不満だった。
これで軽いのか?
学校でまったく話せなくて
自分と言うものがまったく出すことができなくて
普通に話すことが想像もつかないような状態で軽いんだろうか?
っとそのときは思ったけど
一人でのこのこやってきて病院の先生と普通に会話してるわけだから
確かにある意味、自分の緘黙は軽いのかもしれない。
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ
Copyright © 場面緘黙症専用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。