幼稚園に入れて良かった

場面緘黙症の自分なりの解釈や治す方法 緘黙との上手な付き合い方。子供の頃の緘黙の話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

幼稚園に入れて良かった

大人になって母親に言われたこと


「お前を幼稚園に入れて良かった。

お兄ちゃんは幼稚園に入れて元気になった。(*^▽^*)」



何言ってんだろうこの人

話が完全にずれてるよ。



最初が僕の話で最後が兄の話になっている。

一体 誰の話をしているのかわからない。



僕「俺は元気になったの?」

と母親に聞くと

母「お兄ちゃんは元気になったから」

僕「だから俺は元気になったの?」

母「お兄ちゃんは元気になったから」


これ以上話しても過去は変わらないから
これ以上は追及はしなかったけど

わざわざ「幼稚園に入れて良かった」なんて言うのは
入れたのは失敗だったんじゃないか と言う気持ちがあるからだと思う。




後日 父親と母親に幼稚園行ってどうだったか聞いてみたら

父親は「俺の時代には幼稚園なんてなかったから行っていない。」

母親は「ちょっと行ったけど他の子にいじめられて
行くの嫌がったら可哀想だから
行かなくていいっていうことになった。」


なんだそりゃ。



何で親の世代のほうが子供に甘いんだよ。

それに自分がいじめれたのに自分の子供がいじめられるという風には思わないんだろうか?

母親は早生まれでもなければ体が特別小さいわけでもないのに

早生まれで体が小さい 自分の子どは大丈夫と言う考え方はどうなんだろう?



幼稚園に入れると良い 何が良いんだかよくわからないけど とにかく良い



こういう考え方の人って僕の母親に限ったことではないと思う。


物事はちゃんと頭の中で理解することが大切

なぜいいのか? 幼稚園に入れるなら何のために幼稚園に入れるのか?

実際にいい影響を与えているのか?


うまくいっていない と思うなら不都合な現実でも受け入れて
どうするのが正しい選択なのか考えることが大切です。
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

コメント 0

コメントを書く

非公開コメント ( )

トラックバック 0

Copyright © 場面緘黙症専用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。