緘黙が疑われる子を幼稚園に入れる前に何をしたらいいか?

場面緘黙症の自分なりの解釈や治す方法 緘黙との上手な付き合い方。子供の頃の緘黙の話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

緘黙が疑われる子を幼稚園に入れる前に何をしたらいいか?

だいぶ古い記事ですけど
ネットでこんなのを見つけました。
http://www.hoiking.com/adviser/qa/q1047.phtml

緘黙が疑われる子を幼稚園に入れる前に何をしたらいいか?
という親の相談に対して
アドバイザーが返事をしています。

まず最初の回答者の人

この人悪い人ではないと思うんですが・・・

>幼稚園だってそのことをよく理解し、ありのままの姿、全て丸ごと受け入れてくれるはずです。
>幼稚園の先生も、子ども達の様子に合わせ、適切な指導と環境設定をしてくださるでしょう。

何でそんなことが断言できるんでしょうか?
日本全国にいくつ幼稚園があるんでしょうか?
この人はそのすべての幼稚園とすべての幼稚園教諭を把握しているんでしょうか?

そんなわけないですよね。

幼稚園でも園長によって方針が全然違うし
現実には性格の悪い幼稚園教諭だってたくさんいる。
そこを踏まえて考えないといけないと思う。

>新学期になったら、幼稚園を信じて、送り出してあげてくださいね。

どこの誰かも知らない人を頭ごなしに信じるって危険極まりない。

この人の言っていることは現実ではなくて願望や理想なんだと思う。

僕だったらどう回答するかちょっと考えてみました。

まずは自分の子がどの程度の緘黙なのか分析します。
緘黙の子も人それぞれです。
何ができて何ができないのか?
確認してみましょう。

そして情報を収集しましょう。
緘黙の本を読みましょう。 HPを見ましょう。
当事者の経験談のブログを片っ端から読みましょう。
どんなことが辛かったのか
それを防ぐためにはどうすれば良かったか
考えてみましょう。

入れる幼稚園を選択します。

小学校と違って幼稚園は選ぶことができます。
子どもにとってよりいい幼稚園を選びましょう。

緘黙以外の部分でも幼稚園選びって同じだったりします。
本を買ってどんな幼稚園がいいのか?どんな幼稚園が悪いのか?下調べをしましょう。
そして緘黙について対応してくれそうな幼稚園を選びましょう。

ここ重要 支援してもらうことばかりを考えていてもだめ

他の子に負けない様に幼稚園教諭に付け込まれる隙を与えない様にするにはどうしたらいいか。

小学校と違って幼稚園は選ぶことができます。
ただし幼稚園は選ぶことができるけど
担任は選ぶことができません。

前に緘黙ではないけどとある掲示板でこんな書き込みを見たことがあります。

自分の子供をとある幼稚園に通わせているけど
年少と年中の先生は優しいのに
年長の先生はすごく厳しい。
これは園の方針なんでしょうか?

年少と年中の子には優しくして
年長になったら厳しくしなさい。
そんな変な方針の幼稚園ってないと思う。

優しくするなら最初から最後まで優しくするだろうし
厳しくするなら最初から最後まで厳しくする。
もしそんな変な方針の幼稚園だったら選ばなければいいけど

これはただ単に年長の担任の性格が悪いだけだと思う。

入れようと思っている幼稚園のすべての幼稚園教諭の人間性を把握するのは難しい
それにあとから性格の悪い人間が入ってくる場合もある。

そこで大切なのは性格の悪い幼稚園教諭でも対処できるようにすることです。
幼稚園教諭の性格が悪くてもすべての園児がひどい目に合わせるわけではありません。
他の子よりも劣っている部分があると怒られてばかりになって
自信ややる気をを失ってしまうこともあります。

そのためにはできるだけできるようになることが大切です。
ただ元々の才能の問題や緘黙だからできないということがあるので
絶対必要と言うわけでもないのに無理にやらせてストレスになっては意味がない。
その辺のバランスを考えましょう。
あとはなぜ幼稚園に行くのか幼稚園に行くメリットを親は理解することが大切です。

子どもにも何故幼稚園に行くのか理解させましょう。

あとは幼稚園は何をするところなのか?
どんなことをするのか事前に子供に教えておきましょう。
入園した後はうまくいっているのかどうか必ず確認しましょう。

楽しく幼稚園に行っているのか?
友達はいるのか?
落ちこぼれていないか?
いじめられていないか?
緘黙の症状はどうなのか?
困ったことはないか。

うまくいっていない場合はどうすればいいのか検討しましょう。

場合によっては幼稚園に行くのをやめるという選択肢もあります。

とりあえずこんな感じで書いてみましたが
まだ 今後書き換えることや追加することもあると思います。
スポンサーサイト
タグ

コメント 0

コメントを書く

非公開コメント ( )

トラックバック 0

Copyright © 場面緘黙症専用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。