スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙は病院で治療できるは間違い?

尾木ママこと尾木直樹さんがブログで緘黙のことを取り上げてくれました。

批判している人もいるようですが

僕はそんなに悪い事を言っていないと思っています。

実際焦ったからといって治るわけでもないというのは事実ですから。

その中の話で

「お医者にかかれば1、2年で治るようですよ」

これは本当でしょうか?

尾木さんに限らず有名な緘黙のHPでも

緘黙は早期の対処が大切でまず医者に見せるのが正しい対処法 と書かれています。

僕はここ10年ほど緘黙のブログや掲示板を見てきましたが

病院で診てもらって緘黙が治った そういう話を見たことがありません。

病院に行って緘黙が治った 改善したという話がないというのはどうしてでしょうか?

今現在も実際に子供を病院に通わせているという親御さんのブログあったりしますが

1、2年で治るどころかかなり苦戦をしている印象を受けます。

もともと医者に見せる(専門家にみてもらう)

というのは外国の話でそれを日本に持ち込んだということですが

そもそも専門家というのは誰を指す言葉なんでしょうか?

精神科のお医者さんはすべて専門家と言っていいんでしょうか?

それとも精神科のお医者さんのなかでも緘黙に詳しい人のことを指すんでしょうか?

日本に緘黙に詳しい専門家というのはいるのでしょうか?

もし日本に緘黙の専門家がいないのなら存在しない専門家を一生懸命探すことになります。


自分の子供が緘黙だった場合

親はどうしたらいいのでしょうか?

病院に行くべきなのか 行かないべきなのか?

日本に緘黙の専門家いるけど数が非常に少ないとか人によっては病院が効果があるという場合も

ないとはいいきれないので一概に病院は効果がないと断言はできません。

問題は緘黙の専門家をどうやって探すかだと思います。

緘黙ネットの資料を見てみると

セラピストや医者にかかったとき最初に尋ねるべき質問があります。

この質問でそのお医者さんが緘黙について詳しいかどうかわかると思いますが。

日本で緘黙に詳しいお医者さんの割合がもし100人に一人ぐらいだとしたらどうでしょうか?

緘黙に詳しいお医者さんにたどりつくまで100件のお医者さんを回らないと見つけることができません。

現実的には無理ですね。

効率よく緘黙に詳しいお医者さんを探すなら

まずは病院に行く前に緘黙の親が入っているグループなどに参加して

他の人の意見を聞いてみましょう。

病院に行って良くなった人がいたらその人に直接聞いて

どういう治療を受けているのか?

自分も通える距離なのか?

通えない距離ならどうやって緘黙に詳しいお医者さんを見つけたのか?

料金はいくらなのか?

などいろいろ下調べをしてから行ってみるのがいいと思います。

とにかく病院に行けば何とかしてくれると思って

期待して近くの病院に行っても多分空振りに終わるでしょう。

病院に関しては効果があったらラッキーぐらいの気持ちで行ったほうがいいと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。