スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙と大学進学

「大学に行かないとダメだ。」

「大学へ行かないで遊んでるような人間はダメだ。」


相手の状況も考えず

誰それ構わず大学進学を勧める人がたまにいます。

それってどうなのって僕は思うんですが

緘黙の場合、大学へ行ったほうがいいのでしょうか?

僕としては必ず大学へ行くべき とは思わないし

大学へ行かないほうがいい と言うつもりもありません。

まず大学へ行くメリットとデメリットを考えてみましょう。

大学へ行くメリットは

いい会社に就職できる

就職した時に出世に有利になる。

大学へ行かないとなれない職業がある。

他には勉強することによって自分にプラスになる。

大学生活をエンジョイできる

こんなところでしょうか?

大学へ行くデメリットはなんでしょうか?

それはお金がかかるということですね。

このデメリットはかなり大きいですね。

親が金持ちで大学へ行く費用ぐらいなんてことない というならいいんですが

そうでない場合、奨学金という借金を背負うことになります。

大学へ行くメリットにも問題があります。

大学へ行けば必ずいい会社に就職できて

生涯安泰とは限りません。(緘黙に限った話ではないですが)

緘黙だと就職できたあとうまくやっていけるかどうかわかりません。

緘黙といっても人によって程度は様々ですから

会社に就職してうまくやっていけるような人もいれば

人間関係で挫折してしまう人もいます。

もし奨学金という借金をして大学に行って

就職したあと人間関係に挫折して

会社を辞めてしまったらただ借金だけを背負う危険があります。

安易に人の意見に流されて大学に進学してしまうことのないように

大学へ行くメリットとデメリット両方を考えてみましょう。

会社でうまくやっていける自信がある

どうしても大学を卒業してやりたい仕事がる

そういう場合は大学に進学するのもありだと思います。


ちなみに僕は大卒ではなく高卒です。

レベルの低い高校に行ったんですが

1年の時レベルの低い高校だったのでちょっと勉強したら

それなりにいい成績を取ったので

よくわかっていない担任の先生に大学進学を勧められました。

レベルの低い高校だから成績がいいだけで

世間的にはそんなに勉強ができる方ではないことはわかっていたし

家もそんなに金があるわけでもなかったし

特に大学に対する憧れもなかったので大学進学を目指すことはしませんでした。

結果、大学に行かなかったのは大正解でした。

高卒で就職して3ヶ月で挫折しましたが

大卒で就職しても結果同じになったでしょう。

そうすると借金を返すのに大変な思いを今でもしていると思います。

現在はネットビジネスで生活していますが

大学へ行けばもっといい収入を得たかと聞かれたら疑問ですね。


今、緘黙の高校生以下の人は

大学に行くかどうかは自分の状態をちゃんと分析しましょう。

家の経済状態はどうなのか?

自分の学力はどれくらいなのか?

大学へ進学してうまくやっていけるか?

就職してうまくやっていけるか?

どんな仕事がしたいのか?

奨学金を使うと月にいくら返さないといけないのか?

よく考えて決めましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。