緘黙とイジメ

場面緘黙症の自分なりの解釈や治す方法 緘黙との上手な付き合い方。子供の頃の緘黙の話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

緘黙とイジメ

とあるHPに書いてあったこと

>緘黙児はトラブルを起こさないからいじめられることはないと
>学校の先生に言われて安心した。


緘黙だから必ずいじめられるとは限らないけど
他の子に比べればいじめられる可能性は正直高いと思います。
いじめってトラブルから発生する場合もあれば
何のトラブルも無くてもいじめるのが面白いからいじめるそういう人間もいる
緘黙だと友達もいないことも多いし何より反撃ができない
いじめる相手には格好の標的でしょう。
学校の先生にしてみれば「いじめられる可能性が高いです。」など言えば
対応を求められるしとりあえずその場を安心させれば良いと言う考えなんでしょう。
緘黙の子はいじめれれる可能性が高い
じゃあどうしたらいいか。
まずいじめれてからアタフタするんではなくて
いじめが発生する前にいじめられたらどうするか対応を決めておきましょう。
自分の子供にいじめられたらどういう対応をとるのか
事前に決めておきましょう。
自分の子供にはいじめられたら
必ず親に言うことを良く話し合いましょう。
もしいじめらたらどの程度のいじめなのか
今後も継続されるいじめなのか考えましょう。
継続的にいじめられている場合は
担任の教師と相談するなど必ず対応をしましょう。
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

コメント 0

コメントを書く

非公開コメント ( )

トラックバック 0

Copyright © 場面緘黙症専用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。