スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙を理解して欲しい?

緘黙を理解して欲しい。
よく聞く話だけど
一歩間違えると不幸になる考え方だと思う。

ある掲示板にあった書き込みで簡単に書くと

緘黙を克服するために
接客業についたけど
挨拶ができなくて怒られてばかりいた。
結局うまくいかなくてやめた。
緘黙で話せないことを理解して欲しかった。


接客業で挨拶をできないのは致命的だと思う。
緘黙でも結局話せないことは変わりはないわけだから
そもそも接客業を選ぶのはミスだと思う。
克服するために接客業を選んだなら
できなかったら怒られても仕方ないと思う。
怒られるのがいやならすぐに辞めてしまえばいい。
辞めてしまえば赤の他人なんだから怒られることもない。

この書き込みをした人を批判しているわけではありません。
わざわざ不幸になる必要はないと思うんです。

理解して欲しいと思っても
思ったからといって理解されることはないと思う。
かなわないことを願ったりすると
かなわないから結局不幸になっていくんじゃないかなって思います。

人に理解してもらおうと思わない。
苦手なことはやらずに得意なことをする。
そういう考え方のほうが
幸せになるんじゃないかなって思います。

ブログランキング参加中です。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、コメントありがとうございます。

今までコメント来ている事に気が付きませんでした。

すみません。

いや 苦手なことに挑戦することが悪いと言っているんではなくて

接客業を選択しながら挨拶ができないことを怒られるのがいやだ

勤め先の人に理解して欲しいと

理解を求めるのが間違っていると言いたかったんです。

接客業をやるならできなくて怒られても

それは仕方ないと割り切っていけば問題ないと思うんですが・・・

この人は挨拶ができなくて怒られて

結局うまくいかなくてやめた上に理解して欲しかったと思っているんですから。

私は苦手な事だって、今は出来ない事だって立ち向かいます。

確かに苦しむかも知れません。

でも、人は辛い気持ちを味わい、耐えて乗り越えないと成長出来ない事が沢山あります。

もし本人が成長を望んでいないのなら、苦手な事をやらずに得意な事だけをやって生きるのもいいと思いますし、幸せだと思います。

だけど、本人が成長を望んでいるのなら、出来る事だけやって生きる生き方は幸せなんかじゃありません。
人生は1回しか無いんですよ。
もし、やりたい事があるならば出来もしないなんてけして諦め無いでください。

今は確かに出来ないけれど、緘黙の人は出来る力が無いわけじゃありません。

立ち向かう事を辞めない限りけして終わりなんかじゃ無いから、頑張って欲しいです。

私は、場面緘黙のまま社会人になり、当初は紙に言葉を書いてコミュニケーションを取る事も出来ませんでした。

克服する為に辛い事、苦しい事、失敗は数え切れない程ありました。

だけど、今は克服し接客業をしています。色々な人と言葉を交わし14年ぶりに友達も出来ました。

苦しい思いはしたかもしれないけど、喋れなかった頃よりもずっと幸せです。

正直接客業は、人に対しての思いやりが無い人の方がよっぽど致命的だと思います。性格は治らないものなんです。

挨拶は私もはじめから出来た訳じゃないけど、今では、はつらつとして元気がいいとか色んな人に褒められてます。

今の私は、元気と笑顔と面倒みの良さがとりえです。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。