緘黙と学校の先生

場面緘黙症の自分なりの解釈や治す方法 緘黙との上手な付き合い方。子供の頃の緘黙の話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

緘黙と学校の先生

だいぶ前にあった2ちゃんねるの書き込み

緘黙の子を受け持った担任の先生の書き込みで

緘黙の子の親に2時間も話を聞かされて迷惑をした。

と言う内容で

元緘黙当事者の人に批判されていた。

僕が思うに この先生 すごい いい人ではいけど

とくにひどいとか批判されるほどではないと思う。

正直 2時間は長すぎだ。


2時間も話し聞くだけえらいよ。

僕だったら50分ぐらいで用事があるとかいって逃げるだろう。

おそらく内容のある話ではなくてほとんど親の愚痴だったんだと思う。

何かしてほしいことや理解してほしいことがあったら

文章にまとめて読んでもらえば10分程度で終わると思う。

共感してほしい 自分のことを理解してほしいという親の気持ちも

わからないではないけど学校の先生はあくまで仕事でやっているので

もっと割り切って接したほうがいいと思う。

ブログランキング参加しています。クリックしていただけたらうれしいです(*^_^*)
人気ブログランキングへ

場面緘黙Q&A
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

コメント 0

コメントを書く

非公開コメント ( )

トラックバック 0

Copyright © 場面緘黙症専用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。