最近、こんなニュースがありました。

50代の担任の教師が小学生の児童をいじめていた。

尾木ママこと尾木直樹さんはブログで

こういうことはすごく多いといっていました。

すごく多いというのはどれくらいのことを言うのかはわかりませんが

子供をいじめて喜ぶ教師がいるというのは事実だと思います。

少なくともすごく珍しいというほど少なくはないと僕も思います。

いじめられた児童は肌が弱かったということですが

こういう人と違っている部分があるといじめられやすいのは緘黙も同じです。

教師からのいじめを防ぐのはどうすればいいのか?

まずは教師というのは全員が人格者ではないということを理解することが大切です。

教師というのは職業の一つです。

特別な存在ではありません。

子供が好きだからとか子供の教育に携わる仕事がしたい

そういう崇高な精神で教師になった人ってそんなに多くはありません。

基本的は職業を選ぶときって条件で選びます。

教師ってどーんと儲かったりはしないし

仕事もいろいろ忙しくて大変ですし

最近はモンスターペアレントや学級崩壊などいろいろな問題がありますが

教師っていろいろメリットがあったりします。

まずメリットとしては安定しています。

不況だから学校がつぶれて職を失うなんてことはそうそうありません。

他の職業だとその会社がつぶれたりすることがあったりしますが

教師って基本的には安定しています。

それに他の仕事に比べたら若くてキャリアがあまりなくても先生先生呼ばれて尊敬されます。

実際に僕が高校のころ担任ではありませんが

ある先生がこんなことを言いました。

「教師をやる前は営業職だったけどお客さんに理不尽なことで

すごい怒られたり土下座させられたこともある。

教師だったらペコペコ頭を下げなくていいから教師になった。」


その先生、どちらかというと強面の先生だったけど

理不尽な人ではなかったので別にいいんですが

教師になる理由ってそんなもんです。

可もなく不可もない普通の人だったらいいんですが

そうでなくて元から性格に問題があったり

子供のころから弱い者いじめばかりする人間が教師という職業を選択することもあります。

子供をいじめて楽しむ教師がいる

緘黙の子は他の子よりいじめられやすい。

じゃあ 親はどうすればいいのか?

まず事前にやってはいけないことをやらないように

学校の先生に頼みましょう。

「こういうことはしないでください。」

とさりげなく釘を刺せば子供をいじめて楽しむ教師でも

この子をいじめたら親がうるさいと感じて

いじめられることはかなり防げると思います。

子供と事前に話し合って話さないことを責めたり馬鹿にして喜ぶようなことをしてきたときは

親に報告するように決めておきましょう。
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ