スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙の知名度をあげよう?

緘黙の知名度を上げてみんなに緘黙を理解してもらおう。

掲示板などでよく見る言葉です。

子供の場合、緘黙の知識が広まれば

ある程度は意味があると思うんですけど

大人の場合はあまり意味がないような気がします。

緘黙だからできない 

結局できないことには変わりないわけだから

会社にしたら できない人間を首にして

できる人間を雇えばいいということになるかもしれません。

緘黙でできない部分があったら他の能力で補うか

もしくは緘黙でも問題のない仕事を選ぶほうがいいと思っています。

人気ブログランキング 参加中です。

人気ブログランキングへ


11月に東京で緘黙オフしたいと思っています。

参加したい人はコメントください。

参加条件は緘黙OR元緘黙です。
スポンサーサイト

緘黙と学校 同級生

学校 先生と友達に理解してもらいたい。

確かに学校の先生に協力してもらったり

友達に理解されることも必要だと思います。

ただ僕は同時に必要なことがあるんじゃないかと思っています。

それは 学校を攻略すること 同級生に勝つこと です。

学校の先生は全面的に味方というわけではありません。

同級生は友達という反面ライバルでもあります。

協力してもらうことや助けてもらうことばかり考えていると

他の子より劣っただめな人間という風に見られてしまうこともあります。

学校では何ができるといいのか?

何ができないといけないのか?

学校というものをよく理解してどうすれば学校でうまくやっていけるのか。

そこが重要です。

緘黙はしゃべれない(自己表現ができない)だけで

他の子より知能や運動能力が劣っているわけではありません。

しゃべれなくても同級生に運動や勉強その他のことで負けないようにすることは可能です。

緘黙の子供の親御さんには

本人の能力を最大限引き出せるようにサポートして欲しいと思っています。

ブログランキング参加中です。

人気ブログランキングへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。