幼稚園のカテゴリ記事一覧

場面緘黙症の自分なりの解釈や治す方法 緘黙との上手な付き合い方。子供の頃の緘黙の話など

カテゴリ:幼稚園

  • 2006/08/26幼稚園

    僕は3年保育で幼稚園(保育園)に入れられた。 だから入園したときのことはまるっきり記憶に無い。 自分が入ったのは幼稚園なのか保育園なのかも定かではない。 最初は保育園で2年間は幼稚園だと言う話らしいけど不確からしい。 これは幼稚園に関するかなり古い記憶 たぶん入園して何ヶ月かたった頃の記憶だと思う。 「隣の席の子の名前を覚えてきなさい」 母親にそう言われた。 幼稚園で友達ができるどころか隣の席の子の名前を知...

    記事を読む

  • 2006/09/08幼稚園

    保育園の時の話 朝、雨の日は部屋に車の乗り物のおもちゃがあって みんなそれに乗って遊んでいた。 僕はただそれをボーっと見ていた。 乗りたいけど乗せてと言えなかったんではなく まったく乗りたいという気にならなかった。 車のおもちゃが何台も空いていても乗って遊ぶことはなかったと思う。 車のおもちゃが嫌いと言うわけではない。 もし家にそのおもちゃがあれば乗って遊んだと思う。 僕は保育園に行くと楽しいという気分が...

    記事を読む

  • 2006/10/22幼稚園

    小学校の2年までの話。 ちょっと遠くに住んでいる母方の祖母。 おばあちゃんは僕のことをかわいがってくれていて優しかったので 僕は、おばあちゃんが大好きだった。 ところがどうもあとから母親に聞くと僕とおばあちゃんの関係は少し微妙だったらしい。 3つ年上の兄はおばあちゃんの話を「うんうん」と素直に聞いていたけど 僕の場合 「もういいよ。 わかってるよ。 おばあちゃんしつこい。」 と言って話をまるで聞かなかったら...

    記事を読む

  • 2006/11/11幼稚園

    お遊戯の話 僕はそのお遊戯の内容があまりにもくだらなかったので こんなことをしてるところを人に見られたら馬鹿だと思われる。 と思い踊らずにただ立っていた。 すると太ったおばさん(保育士)が僕に近づいてきて 「おい ○○ お前 なんで踊らないんだ。」と脅しをかけてきた。 その時、僕は ここで正直に「馬鹿馬鹿しいから」と答えたら このおばさんは余計に怒るだろうなと思い何も言わなかった。 そして何気なく横を見ると...

    記事を読む

  • 2006/11/14幼稚園

    前の話の続き そして何気なく横を見るとそこには 目の前の女の子がそのくだらないお遊戯を僕に向かってノリノリで踊っていた。 なんでこの子は何でこんなくだらない踊りををノリノリで踊るんだろうと少し驚いた。 でも普段はどうしていたんだろう? このお遊戯以外は普通に踊っていたんだろうか? まったく記憶にないな。 お遊戯会の時は写真が残ってるから踊ってたのは間違いないんだけど。...

    記事を読む

  • 2006/11/26幼稚園

    絵を書く時間 多分年少のときの話 太ったおばさんがみんなに向かって 「絵を書いたら見せにきなさい」と言ったので 僕が描いた絵を見せに行くと「下手だ」と言われてけなされた。 (確かに下手だったけどそれはないだろう。) 次の絵を書く時間のときに 他の子がそのおばさんに描いた絵を見せに並んでいるのを 後ろの席で見ていて  「お前なんかに二度と見せに行くかよ」 と思っていたのをよく覚えている。 そのあと何度か絵を描...

    記事を読む

  • 2007/01/04幼稚園

    僕には心当たりがある。 それは幼稚園で一番辛かったこと。 給食を残さず食べろ。 時間内に食べれない子は 椅子を机代わりにして食べ終わるまで 教室の隅で正座して食べろ。 太ったおばさんが勝手に決めたのか園長が決めたのかわからないけど とにかくそう言われた。 自分は体が小さく早生まれ おまけに父親譲りの小食で途中で腹いっぱいになるため 時間内には食べきれずに結局、給食の時間が終わったあと 胃の中のものが消化する...

    記事を読む

  • 2007/03/03幼稚園

    かなり間が空いたけど緘黙になった原因の続き 給食を食べ終わるのはいつも掃除の時間が終わり 昼休みの半分ぐらいが過ぎた頃だった。 みんなどんな遊びをしていたのか自分は知らないけど 昼休み時間の遊びはちょうど盛り上がっている頃 みんなそれぞれの遊びに夢中で 僕が園庭にでても一緒に遊ぼうと話し掛けてくれる子は一人もいなかった。 僕も教室の隅に正座させられて給食を食わされて 食べ終わったからといって楽しい気分に...

    記事を読む

  • 2007/09/06幼稚園

    ひさしぶりに僕の子供時代の話 ほんとにうっすらとした記憶だからおそらく年少のとき? 緘黙の子は話せないため小さいときは あれこれと世話を焼く子がつくことがあるらしい。 僕も幼稚園のときにそんな女の子がいました。 正直言って 迷惑でした。 その子が嫌いというわけではないけど その子の行為はいやだった イヤでもイヤといえないのが緘黙児 仕方なく我慢をしていた。 僕は自由人で人にあれやこれやと指図を受けるの嫌いな...

    記事を読む

  • 2007/09/15幼稚園

    よくある幼稚園経営者の言葉 これって間違ってる。 幼稚園にもいじめる奴はいる。 実際、僕はいじめられた。 昼休み時間 毎日のように追いかけられてひたすら逃げてたのを覚えている。 たぶん つかまったら何かされたから逃げていたんだと思うけど 何をされたのかまったく記憶にない。 緘黙で 話せない 友達もいない 体が極端に小さい 早生まれ 毎日、教室の隅に正座させられている落ちこぼれ いじめるには最適の相手だった...

    記事を読む

  • 2007/09/17幼稚園

    幼稚園 プールの時間 所々覚えている記憶 とにかく怖かったのは覚えている。 そのあとプールの時間 何故か自分ひとりだけ見学していた。 親が見学させてくれと言ったのか? 僕が嫌がって面倒だから見学させたのかは定かではない。 あまり詳しくは覚えてはいないけど 母いわく プールの時間、兄も僕も泳げないから 幼稚園教諭はいじめるだけでまったく上達しなかったらしい。 この時のいやな記憶のおかげか小学生になって プール...

    記事を読む

  • 2007/09/18幼稚園

    幼稚園を卒園する日の事を覚えている人いますか? 僕は覚えています。 卒園する子が園庭に散らばって歩いて 下級生が紙で作った輪を卒園する子の首にかけるというイベントがあった。 なぜそんなことを覚えているかというと ちょっと記憶に残ることがあったから。 僕が歩いていると1人の男の子が前に来て なぜか知らないけどその子の輪が切れていて それでその子が 「切れているけどいい?」 と言った 僕は細かいこと気にしない性格...

    記事を読む

  • 2017/05/09幼稚園

    大人になって母親に言われたこと「お前を幼稚園に入れて良かった。お兄ちゃんは幼稚園に入れて元気になった。(*^▽^*)」何言ってんだろうこの人話が完全にずれてるよ。最初が僕の話で最後が兄の話になっている。一体 誰の話をしているのかわからない。僕「俺は元気になったの?」と母親に聞くと母「お兄ちゃんは元気になったから」僕「だから俺は元気になったの?」母「お兄ちゃんは元気になったから」これ以上話しても過去は変わ...

    記事を読む

  • 2017/07/06幼稚園

    僕が3歳の時の事覚えている出来事があるとある7月の半ばのある日母親が僕に向かってこう言った。「お兄ちゃんは小学生だから夏休みでしばらく学校は休み。お前は保育園に行きなさい。」何言ってんだこの人!!「お兄ちゃんが休むなら僕も休む(泣)」と言ったら母親が承諾してくれた。一人いても二人いてもあまり変わらないと思ったんだろうか。母親が保育園に「夏休みの期間中は休みます」と電話しているのを近くで見ていて「助か...

    記事を読む

  • 2017/07/06幼稚園

    保育園と幼稚園教諭の記憶小さいころの記憶って結構あいまいだったりすることが多いですよね。僕も覚えている部分と覚えていない部分があります。多分これらが年少の時の担任との記憶なんだと思います。緘黙になった原因 あんたの子どもは 何で踊らないんだ お絵かきの時間 ただ年長の時の記憶があまりなくて プール 幼稚園 最後の日 年中の時は全くと言うほど記憶がありません。不思議ですよね。年中と年長ではあまりインパクトの...

    記事を読む

  • 2017/07/06幼稚園

    幼稚園(保育園)時代にあったことを時系列にまとめてみました。緘黙に関する幼稚園時代の記憶にあることはこれですべて書き出してみました。この後は親がどういう対応をすれば良かったのか自分なりの考察を書いてみようと思います。自由人不幸の電話緘黙になった原因あんたの子どもは隣の席の子の名前を覚えてきなさい緘黙児と世話役何で踊らないんだ保育園の夏休み雨の日と車のおもちゃおばあちゃんと社交的な兄 内向的な弟お絵...

    記事を読む

  • 2017/08/02幼稚園

    幼稚園時代時系列あんたの子供は他の子と遊ばないそう言われた時点で親はどうしたら良かったのかちょっと考えてみました。シミュレーション1緘黙ネットの資料を渡してみる。緘黙ネットに「声が出にくい子ども達に支援を!(園提出用)」の資料があります。この資料は10年前に作られました。僕の子供時代にはもちろんこの資料はないのですがあったと仮定して奴(年少の時の担任)にこの資料を渡したらどうなるか?ちょっと想像して...

    記事を読む

  • 2017/08/11幼稚園

    僕が保育園(幼稚園)時代担任に「あんたの子供は他の子と遊ばない」そう言われた時点で親はどうしたら良かったのか前回 緘黙ネットの「声が出にくい子ども達に支援を!(園提出用)」の資料をそのまま渡すのは良くないと書きました。緘黙ネットの資料を渡したらどうなるか?それでは、緘黙に関する本とあと自分の子供に合わせた独自に作った緘黙に関するわかりやすい資料(緘黙の説明とお願い)を渡して口頭で説明(お願い)を担...

    記事を読む

  • 2017/08/19幼稚園

    僕は保育園(幼稚園)で緘黙状態になりました。それだけでなくて完全に落ちこぼれて誰とも話せなくて友達が一人もできませんでした。他の子と遊んだこともありませんし一人遊びすらしませんでした。その原因を考えてみました。僕は幼稚園が苦痛でした。僕は親が行けと言うから無理やり我慢していた。とにかくひたすら耐えて終わるのを待っていた そんな状態です。楽しいと感じた日はただの一日もありませんでした。とにかく親の指...

    記事を読む

  • 2017/09/26幼稚園

    幼稚園・保育園に入れる前に親がこうすれば良かったと言うのを自分なりに考えてみました。基本、僕のことを書いてありますが参考にできるようなら参考にしてください。僕が緘黙になった原因は幼稚園・保育園で落ちこぼれてしまってやる気をなくしてしまったのが大きいと思います。そこで幼稚園・保育園で落ちこぼれないようにすることが大切です。まず僕の場合は入園前は緘黙とわかるような兆候はありませんでした。親戚の子と普通...

    記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

隣の席の子の名前を覚えてきなさい。

僕は3年保育で幼稚園(保育園)に入れられた。
だから入園したときのことはまるっきり記憶に無い。
自分が入ったのは幼稚園なのか保育園なのかも定かではない。
最初は保育園で2年間は幼稚園だと言う話らしいけど不確からしい。

これは幼稚園に関するかなり古い記憶
たぶん入園して何ヶ月かたった頃の記憶だと思う。
「隣の席の子の名前を覚えてきなさい」
母親にそう言われた。
幼稚園で友達ができるどころか隣の席の子の名前を知らなかった。
僕は隣の子の名前が何であろうとどうでも良かった。
幼稚園はは僕にとって苦痛なところで時間が過ぎ去るのを
ひたすら待ち続けた。
あまりも母親がしつこく言うので仕方なく
隣の席の子の名前だけは覚えたけど
他の子とはまったく遊ばなかったし会話もなかったと思う。
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

雨の日と車のおもちゃ

保育園の時の話
朝、雨の日は部屋に車の乗り物のおもちゃがあって
みんなそれに乗って遊んでいた。
僕はただそれをボーっと見ていた。
乗りたいけど乗せてと言えなかったんではなく
まったく乗りたいという気にならなかった。
車のおもちゃが何台も空いていても乗って遊ぶことはなかったと思う。
車のおもちゃが嫌いと言うわけではない。
もし家にそのおもちゃがあれば乗って遊んだと思う。
僕は保育園に行くと楽しいという気分が完全に消えてしまった。
昼休みの時間も同じで
他の子が遊んでいる時に園の隅にただ立っていた。
誰も自分に遊ぼうと話しかけてくれる子はいなかったし
自分も他の子のことを友達という感覚がなかった。

カテゴリ
タグ

おばあちゃんと社交的な兄 内向的な弟 

小学校の2年までの話。
ちょっと遠くに住んでいる母方の祖母。
おばあちゃんは僕のことをかわいがってくれていて優しかったので
僕は、おばあちゃんが大好きだった。
ところがどうもあとから母親に聞くと僕とおばあちゃんの関係は少し微妙だったらしい。
3つ年上の兄はおばあちゃんの話を「うんうん」と素直に聞いていたけど
僕の場合
「もういいよ。 わかってるよ。 おばあちゃんしつこい。」
と言って話をまるで聞かなかったらしい。
おばあちゃんが兄に話してると
僕が「おばあちゃん おばあちゃん 僕の話を聞いてよ」って邪魔をする
そういうパターンだったようだ。
そう言えばおばあちゃんの話ってあまり聞いた覚えが無いな。
おばあちゃんの話す内容は嫁さん(おばあちゃんの息子(僕の母親の兄)の奥さん)の愚痴で
兄は嫁さんの愚痴を延々聞かされていたらしい。
僕はおばあちゃんのことは好きでも
おばあちゃんの話す嫁さんの愚痴には興味が無かったんだろう。
カテゴリ
タグ

お遊戯

お遊戯の話

僕はそのお遊戯の内容があまりにもくだらなかったので
こんなことをしてるところを人に見られたら馬鹿だと思われる。
と思い踊らずにただ立っていた。
すると太ったおばさん(保育士)が僕に近づいてきて
「おい ○○ お前 なんで踊らないんだ。」と脅しをかけてきた。
その時、僕は
ここで正直に「馬鹿馬鹿しいから」と答えたら
このおばさんは余計に怒るだろうなと思い何も言わなかった。
そして何気なく横を見るとそこには。。。 続く
カテゴリ
タグ

お遊戯2

前の話の続き
そして何気なく横を見るとそこには
目の前の女の子がそのくだらないお遊戯を僕に向かってノリノリで踊っていた。
なんでこの子は何でこんなくだらない踊りををノリノリで踊るんだろうと少し驚いた。
でも普段はどうしていたんだろう?
このお遊戯以外は普通に踊っていたんだろうか?
まったく記憶にないな。
お遊戯会の時は写真が残ってるから踊ってたのは間違いないんだけど。

カテゴリ
タグ

お絵かきの時間

絵を書く時間
多分年少のときの話
太ったおばさんがみんなに向かって
「絵を書いたら見せにきなさい」と言ったので
僕が描いた絵を見せに行くと「下手だ」と言われてけなされた。
(確かに下手だったけどそれはないだろう。)
次の絵を書く時間のときに
他の子がそのおばさんに描いた絵を見せに並んでいるのを
後ろの席で見ていて 
「お前なんかに二度と見せに行くかよ」
と思っていたのをよく覚えている。
そのあと何度か絵を描く時間があったけど僕はずっと見せにいかなかった。
見せに来いと言われているのに見せに行かなかったから
「おまえ、何で見せにこないんだ」と怒りだすかな
と思ったけど結局、何も言われなかった。
どうやら奴は誰が見せにきてるかチェックしてるわけではなかったらしい。
カテゴリ
タグ

緘黙になった原因

僕には心当たりがある。

それは幼稚園で一番辛かったこと。
給食を残さず食べろ。
時間内に食べれない子は
椅子を机代わりにして食べ終わるまで
教室の隅で正座して食べろ。

太ったおばさんが勝手に決めたのか園長が決めたのかわからないけど
とにかくそう言われた。
自分は体が小さく早生まれ
おまけに父親譲りの小食で途中で腹いっぱいになるため
時間内には食べきれずに結局、給食の時間が終わったあと
胃の中のものが消化するのを待ちながらちょっとずつちょっとずつ
食べるしかなかった。
(当時はなぜ食べれないのかわからなかった)
他にも時間内に食べれない子が毎回5人くらいいたけどその子達はせいぜい5分ぐらいで
食べ終わりどこかに行ってしまった。
掃除の時間が終わり 昼休み時間の半分くらいまでいつもただ一人だけ取り残されていた。
これは人目を気にする性格の自分には耐えがたい屈辱だった。
当然、僕は幼稚園に行くのを嫌がった。
親は何がなんでも幼稚園入れると良いと思い込んでいて
無理やり幼稚園に送りこんだ。

1仕方ないから幼稚園で食べようと努力する 
2食べれない 
3教室の隅に正座させられてただ一人取り残されて給食を食わされる。
4幼稚園に行くのを嫌がる。
5無理やり幼稚園に送り込まれる。

1に戻る2 3 4 5
1に戻る2 3 4 5
これの繰り返し
何度かこれが繰り返されたあと
もう僕は幼稚園に行くのを嫌がるのをやめた。
嫌がらなくなったのを見て親はようやく幼稚園に慣れたんだと思ったんだろう。
実際はどんなに嫌がっても無駄 幼稚園に行かないという方法はない
時間内に食べようとしても無駄
どうせ自分は努力してもだめな人間。
他の子より劣っただめな人間だから
自分ひとりだけ教室の隅に正座させられる
とにかく幼稚園にいるあいだ無理やり我慢すればいい。

緘黙になる原因のひとつ

心の底にふくらんだ拒否の心が、
自分のしたいことまで、
無意識のうちに拒否するために起こる。
拒否の心がふくらんだのは、
子供が、無視、否定、拒否
あるいは強制されつづけたから

僕は幼稚園(学校)を心理的に拒否していたんだと思う。
カテゴリ
タグ

あんたの子どもは

かなり間が空いたけど緘黙になった原因の続き

給食を食べ終わるのはいつも掃除の時間が終わり
昼休みの半分ぐらいが過ぎた頃だった。
みんなどんな遊びをしていたのか自分は知らないけど
昼休み時間の遊びはちょうど盛り上がっている頃
みんなそれぞれの遊びに夢中で
僕が園庭にでても一緒に遊ぼうと話し掛けてくれる子は一人もいなかった。
僕も教室の隅に正座させられて給食を食わされて
食べ終わったからといって楽しい気分にはなれなかった。
自分は他の子より劣っただめな人間と言う気持ちもあり
おまけに周りの子は僕よりも二周りぐらい体が大きく
友達と言う感覚が無くなっていた。
毎日、昼休み園庭にでて他の子が遊ぶのをぼーっと見ていた。
一緒に遊びたいけど話しかけられないのではなくて
他の子と一緒に遊ぶと言う発想が無かった。
その様子を見た太ったおばさんは母親に向かってこう文句を言った。
「あんたの子どもは他の子と遊ばない」
この太ったおばさんは子どもに感情があるというのを知らないんだろう。
何事も無かったかのように普通に遊べる方が不思議だよ。
カテゴリ
タグ

緘黙児と世話役

ひさしぶりに僕の子供時代の話
ほんとにうっすらとした記憶だからおそらく年少のとき?
緘黙の子は話せないため小さいときは
あれこれと世話を焼く子がつくことがあるらしい。
僕も幼稚園のときにそんな女の子がいました。
正直言って
迷惑でした。
その子が嫌いというわけではないけど
その子の行為はいやだった
イヤでもイヤといえないのが緘黙児
仕方なく我慢をしていた。
僕は自由人で人にあれやこれやと指図を受けるの嫌いなんですよね。
カテゴリ
タグ

幼稚園にいじめはない?

よくある幼稚園経営者の言葉
これって間違ってる。
幼稚園にもいじめる奴はいる。
実際、僕はいじめられた。
昼休み時間 毎日のように追いかけられてひたすら逃げてたのを覚えている。
たぶん つかまったら何かされたから逃げていたんだと思うけど
何をされたのかまったく記憶にない。
緘黙で 話せない 友達もいない 体が極端に小さい 早生まれ
毎日、教室の隅に正座させられている落ちこぼれ

いじめるには最適の相手だったんだと思う。
言い訳はしたくないけど 
こんなのどうすればいいんだ。

幼稚園で自分にはどうにもならない状況にはまり込んでいってしまった気がする。

ブログランキング50位以内に入りました(*^_^*) ありがとうございます。
人気blogランキングへ
カテゴリ
タグ

プール

幼稚園 プールの時間
所々覚えている記憶
とにかく怖かったのは覚えている。
そのあとプールの時間 何故か自分ひとりだけ見学していた。
親が見学させてくれと言ったのか?
僕が嫌がって面倒だから見学させたのかは定かではない。
あまり詳しくは覚えてはいないけど
母いわく プールの時間、兄も僕も泳げないから
幼稚園教諭はいじめるだけでまったく上達しなかったらしい。
この時のいやな記憶のおかげか小学生になって
プールの時間の前はかならずわき腹が痛くなった。
小学2年になって水泳を習い始めて泳げるようになり
そんなにプールの時間が苦痛に感じなくなっても
わき腹の痛みだけは小学校を卒業するまでは続いた。

人気ブログランキング おかげさまで40位になりました。
ありがとうございます。
人気blogランキングへ
カテゴリ
タグ

幼稚園 最後の日

幼稚園を卒園する日の事を覚えている人いますか?
僕は覚えています。
卒園する子が園庭に散らばって歩いて
下級生が紙で作った輪を卒園する子の首にかけるというイベントがあった。
なぜそんなことを覚えているかというと
ちょっと記憶に残ることがあったから。
僕が歩いていると1人の男の子が前に来て
なぜか知らないけどその子の輪が切れていて
それでその子が
「切れているけどいい?」
と言った
僕は細かいこと気にしない性格なので
「うん いいよ」
って答えた・・・ 
あれ僕この時しゃべったんだろうか?
ただうなずいただけなんだろうか?
しゃべったような気がするんだけど
いまいち確証がないな。
しゃべったとすると僕の緘黙はまだこの時は
完全にハマってはいなかったのかも。

場面緘黙児への支援
今読んでいます。 しばらくしたら感想を書こうと思います。

ランキングおかげさまで40位以内に入っています。
ありがとうございます(*^_^*)
人気blogランキングへ
カテゴリ
タグ

幼稚園に入れて良かった

大人になって母親に言われたこと


「お前を幼稚園に入れて良かった。

お兄ちゃんは幼稚園に入れて元気になった。(*^▽^*)」



何言ってんだろうこの人

話が完全にずれてるよ。



最初が僕の話で最後が兄の話になっている。

一体 誰の話をしているのかわからない。



僕「俺は元気になったの?」

と母親に聞くと

母「お兄ちゃんは元気になったから」

僕「だから俺は元気になったの?」

母「お兄ちゃんは元気になったから」


これ以上話しても過去は変わらないから
これ以上は追及はしなかったけど

わざわざ「幼稚園に入れて良かった」なんて言うのは
入れたのは失敗だったんじゃないか と言う気持ちがあるからだと思う。




後日 父親と母親に幼稚園行ってどうだったか聞いてみたら

父親は「俺の時代には幼稚園なんてなかったから行っていない。」

母親は「ちょっと行ったけど他の子にいじめられて
行くの嫌がったら可哀想だから
行かなくていいっていうことになった。」


なんだそりゃ。



何で親の世代のほうが子供に甘いんだよ。

それに自分がいじめれたのに自分の子供がいじめられるという風には思わないんだろうか?

母親は早生まれでもなければ体が特別小さいわけでもないのに

早生まれで体が小さい 自分の子どは大丈夫と言う考え方はどうなんだろう?



幼稚園に入れると良い 何が良いんだかよくわからないけど とにかく良い



こういう考え方の人って僕の母親に限ったことではないと思う。


物事はちゃんと頭の中で理解することが大切

なぜいいのか? 幼稚園に入れるなら何のために幼稚園に入れるのか?

実際にいい影響を与えているのか?


うまくいっていない と思うなら不都合な現実でも受け入れて
どうするのが正しい選択なのか考えることが大切です。
カテゴリ
タグ

保育園の夏休み

僕が3歳の時の事

覚えている出来事がある

とある7月の半ばのある日

母親が僕に向かってこう言った。

「お兄ちゃんは小学生だから夏休みでしばらく学校は休み。

お前は保育園に行きなさい。」


何言ってんだこの人!!


「お兄ちゃんが休むなら僕も休む(泣)」


と言ったら母親が承諾してくれた。


一人いても二人いてもあまり変わらないと思ったんだろうか。


母親が保育園に「夏休みの期間中は休みます」と電話しているのを近くで見ていて

「助かった これでしばらくはあそこに行かないで済む」と思っていたのを覚えている。
カテゴリ
タグ

あれじゃあ 嫌いだというのも分かる

保育園と幼稚園教諭の記憶


小さいころの記憶って結構あいまいだったりすることが多いですよね。


僕も覚えている部分と覚えていない部分があります。


多分これらが年少の時の担任との記憶なんだと思います。

緘黙になった原因

あんたの子どもは

何で踊らないんだ

お絵かきの時間

ただ年長の時の記憶があまりなくて

プール

幼稚園 最後の日

年中の時は全くと言うほど記憶がありません。


不思議ですよね。


年中と年長ではあまりインパクトのある嫌な記憶がなかったのかもしれません。

ただ決して年中と年長の担任はいい人ではなかったし好きってことはなかったと思います。


年少の時の担任があまりにも性格が悪すぎてそれが記憶に残っているのかもしれませんね。


ちなみに年少の時の担任とのエピソードで

父親が自営業で僕が卒園した後 偶然そいつと仕事関係で接することがあったそうです。

仕事が終わった後 母親が車の中で父親に

「さっきの人 俊太の年少の時の担任の先生だよ」と言ったら

父親が「あれがか あれじゃあ俊太が嫌いだと言うのも分かる」

と言ったそうです。

父親が仕事で何を言われた(された)のかはわかりませんが相当性格が悪かったんでしょう。
カテゴリ
タグ

幼稚園時代 時系列

幼稚園(保育園)時代にあったことを時系列にまとめてみました。

緘黙に関する幼稚園時代の記憶にあることはこれですべて書き出してみました。


この後は親がどういう対応をすれば良かったのか

自分なりの考察を書いてみようと思います。


自由人

不幸の電話

緘黙になった原因

あんたの子どもは

隣の席の子の名前を覚えてきなさい

緘黙児と世話役

何で踊らないんだ

保育園の夏休み

雨の日と車のおもちゃ

おばあちゃんと社交的な兄 内向的な弟

お絵かきの時間

幼稚園にいじめはない?

プール

幼稚園 最後の日

あれじゃあ嫌いだと言うのも分かる

幼稚園に入れて良かった
カテゴリ
タグ

緘黙ネットの資料を渡したらどうなるか?

幼稚園時代時系列

あんたの子供は他の子と遊ばない

そう言われた時点で親はどうしたら良かったのか

ちょっと考えてみました。


シミュレーション1

緘黙ネットの資料を渡してみる。


緘黙ネットに「声が出にくい子ども達に支援を!(園提出用)」の資料があります。

この資料は10年前に作られました。

僕の子供時代にはもちろんこの資料はないのですが

あったと仮定して奴(年少の時の担任)にこの資料を渡したらどうなるか?

ちょっと想像してみました。

おそらく

 「なんでこんなことしなければいけないんだ」

というような反応が返ってくると思います。

ここに書いてあること どれも自分のためにわざわざやってくれるとは思えないし

そもそも毎日、劣等感を持たせることをわざわざしているわけで

100万が一この資料に書いてある内容を実行してくれても

劣等感を持たせることを止めない限り意味がない。

この資料は幼稚園の先生がいい人で子供のことを考えてくれている

と言う前提で作られていて

性格が悪い と言うことを想定しては作られてい入ません。



仮に僕とは違い幼稚園でひどい目にあっていない子でも

今見るとこの資料 いろいろ問題が見えてきますね。

せっかく苦労して作った人がいるので

あまり批判するのはどうかと思いますが

やはり問題があります。



もちろん 参考にするのはいいと思いますが

そのまま幼稚園や保育園に提出するのは正直お勧めできないですね。


まず 文字が多すぎです。

もうちょっと文字が少ないほうがわかりやすいと思います。



あとは文章に協力してもらうという姿勢が感じられない

のはちょっとどうかなって思いますね。

何となく上から目線と言うか

親としてはこちらが協力してもらうので もう少しへりくだって

お願いするような文章のほうがいいと思います。


あとちょっと要求をいろいろしすぎのような気もします。

こうするといいと言われても幼稚園としてはカリキュラムがあるし

たくさんいる子供の中の一人に対してそこまでできないと言うのが現状じゃないでしょうか。



あと園提出用とあるのに

保護者の皆さんに提案しますっておかしくないですか?

そもそもこの資料は誰が誰に渡す資料なんでしょうか?

親が幼稚園 保育園に渡すのに保護者の皆さんに提案しますって

書いてあったら変ですよね。



専門家になるべく早く相談しましょう。

とありますが相談するのは親なので

園に対してこの文を提出するのはどうでしょうか?


あとは緘黙でもできることとできないことは人それぞれ違います。

こういう資料ってどうしても

一人一人にあった内容にすることはできません。

資料は参考にするのはいいと思いますが

そのまま渡すのはあまりお勧めできないですね。



緘黙に関する資料を渡すのはいいと思いますが

既存の資料をそのまま渡すのではなく

自分の子供に合わせる内容に

わかりやすく簡潔に書き換えた資料を作って

渡したほうが より理解されて

協力してもらえると思います。

それでは、ブログを読んでいただきありがとうございます。
カテゴリ
タグ

保育園(幼稚園)時代 親はどうしたら良かったか?

僕が保育園(幼稚園)時代

担任に「あんたの子供は他の子と遊ばない」

そう言われた時点で親はどうしたら良かったのか



前回 緘黙ネットの「声が出にくい子ども達に支援を!(園提出用)」の資料をそのまま

渡すのは良くないと書きました。

緘黙ネットの資料を渡したらどうなるか?


それでは、緘黙に関する本

とあと自分の子供に合わせた独自に作った

緘黙に関するわかりやすい資料(緘黙の説明とお願い)を渡して

口頭で説明(お願い)を担任にしたらどうなるでしょうか?



やらないよりはましかもしれませんが

そもそも僕の保育園(幼稚園)時代 緘黙だから ひどい目にあわされた

と言うより ひどい目にあわされたから緘黙になったような状態です。




話さないから責められたわけではないし

特に緘黙で話せないから困ったことがあったわけではありません。




緘黙とは無関係な部分でひどい目にあわされていたので

緘黙の本を渡したり緘黙について説明しても解決はできないと思います。




親はどうすれば良かったのか僕なりに考えてみました。




まずは自分の子供を正しく把握することと

保育園(幼稚園)でどんな状況なのか確認することだと思います。



まずは自分の子供の状態を確認します。

体は大きいか小さいか 何月生まれか?(早生まれは不利)

器用か不器用か? おとなしい性格か?気は強いか?

運動神経はいいか?悪いか?

社交的か?非社交的化?

同学年の子ができることをできるかどうか?



保育園(幼稚園)のことを確認します。

どんな方針なのか?

担任の先生はどんな人か?やさしいか?信頼できるか?

保育園(幼稚園)ではどんなカリキュラムがあるか?

そのカリキュラムを自分の子はこなせるか?

なにができないといけないのか?



同級生との関係は? 友達はいるか?

いじめられていないか?



子どもにさりげなく聞いてみる

保育園(幼稚園)は好きか? 嫌いと答えた場合何が嫌いなのか?

担任の先生は好きか? 嫌いと答えた場合何が嫌いなのか?

友達はいるか?

いじめれていないか?




同級生に聞いてみる

いじめられていないか?

保育園(幼稚園)での様子 落ちこぼれてはいないか?



保育園(幼稚園)の先生に聞いてみる

自分の子の学校での様子

落ちこぼれてはいないのか?

何か他の子より劣った面はないのか?




僕の場合はおそらく親が担任と10分ほど話した時点で

すごく性格が悪いと言うことがわかると思います。



僕に担任について聞いたらはっきり嫌いだと答えると思います。


良く調べていけばここには僕を入れてはいけないと

気づくと思います。


なので いったん 保育園(幼稚園)をやめさせて

他をさがすかもしくは小学校からスタートをするのが正しい選択だと思います。


この話まだ続きますが

長くなるので次回に続きます。
カテゴリ
タグ

保育園(幼稚園)でなぜ緘黙になったか?

僕は保育園(幼稚園)で緘黙状態になりました。

それだけでなくて完全に落ちこぼれて

誰とも話せなくて友達が一人もできませんでした。

他の子と遊んだこともありませんし一人遊びすらしませんでした。


その原因を考えてみました。



僕は幼稚園が苦痛でした。


僕は親が行けと言うから無理やり我慢していた。


とにかくひたすら耐えて終わるのを待っていた そんな状態です。


楽しいと感じた日はただの一日もありませんでした。


とにかく親の指示に従ったらこうなりました。

親の指示はただ行けと言う指示でした。

行って何をするとか

何のために行くとか

困ったことがあったらどうすればいいとか

そういうアドバイスとかあればまだいいんだけど・・・



親はとにかく幼稚園に入れると良い

何がいいんだかよくわからないけど良い。

そう思っていたんだと思います。


実際には全くうまくいっていないことを薄々感じているけど

お兄ちゃんはうまくいったからうまくいくはずだ。

実際にはうまくいっていない。その不都合な現実は受け入れられない。

保育園(幼稚園)に行かせるだけで満足してしまっている。



保育園(幼稚園)に入れると子どもにとってプラスになる。

たぶんこれはほとんどの子に当てはまるんだと思います。

ほとんどの子に当てはまると言うのは

ほとんどではない子もいると言うことです。

何事も例外ってあったりします。





保育士・幼稚園教諭は性格の悪いおばさんがただ仕事としてやれと言われたことを

意味も分からずにやっている。

仕事としてやらなくてもいいことも自分の勝手な判断でやっていたりする。

一人一人の子供のことなんてまるで考えていなかった。

保育士・幼稚園教諭にとって僕はたくさんいる子供の中の一人で

たくさんいる子の中の一人が落ちこぼれていても問題なかったんだと思う。




この保育園(幼稚園)兄も通っていましたが

兄は「あいつら(保育士)は嫌いだ」

と言っていますがそれでも僕と違って

緘黙にはならなかったし友達もできてそれなりに楽しかったようです。



なぜ 兄はうまくいって僕だめだったのか?

僕が極端に体が小さかったのが原因の一つだと思います。


その結果給食が食べれなくて毎日、昼休み時間取り残されてる。

それがなかったら緘黙にはならなかったのかもしれません。


兄も3月生まれなので他の子より劣った面があるから

嫌な思いはしたかもしれませんが

それでも体格はどちらかと言うと前のほうくらいだったので

そこまでひどい目には合わされなかったんだと思います。



たまに掲示板なんかで見かけるんですが

子どもが保育園(幼稚園)行くのを嫌がるのを

無理やり通わせる親っています。


それって中身見ています?

保育園(幼稚園)で自分の子供はうまくいっているんでしょうか?

落ちこぼれてはいないんでしょうか?

保育園(幼稚園)に入れると どういいんでしょうか?

実際にいい影響を与えているでしょうか?

ちゃんと考えることが大切です。


保育園(幼稚園)に行かせると良い。

何がいいのかわからないけど良い。

そう言う考え方はやめましょう。
カテゴリ
タグ

幼稚園・保育園に入れる前に何をすればよかったか?

幼稚園・保育園に入れる前に親がこうすれば良かった
と言うのを自分なりに考えてみました。


基本、僕のことを書いてありますが参考にできるようなら参考にしてください。


僕が緘黙になった原因は

幼稚園・保育園で落ちこぼれてしまってやる気をなくしてしまったのが

大きいと思います。


そこで幼稚園・保育園で落ちこぼれないようにすることが大切です。




まず僕の場合は入園前は緘黙とわかるような兆候はありませんでした。


親戚の子と普通に遊ぶし近所の子とも普通に遊ぶ


ただし体がほかの子よりも小さくておまけに早生まれと言うハンディがありました。


まず不利だと言うことを親が認識することが大切だと思います。

僕の親は僕が他の子よりかなり小さくて早生まれで

不利だと言うことは知ってはいても

リアルにはわかっていなかったんだと思います。


本当は早生まれでなくておまけに平均的な体格があれば

それが一番良かったんですが

そこは動かせない部分なので仕方ありません。



幼稚園(保育園)を選ぶとき

電話をかけてきた幼稚園に安易に決めないで不利な分
しっかり下調べしてからどこの園に入れるのか決めることが大切です。


幼稚園 保育園選びの本を買って
どこに通わせるかよく検討する


どんな幼稚園 保育園があっているのか?

入れてはいけないところはどんなところなのか?

自分の子供に向いているところはどんなところなのか理解する。


そして不利だと言うことを認識して


他の子に負けない様に 
保育士・幼稚園教諭の奴らに付け込まれる隙を与えない様にする。




幼稚園では何があって何ができないといけないのか考えて

事前に出来る様になってから行きましょう。



ひどい目にあわされた内容

給食を残さず食べろ


これは弁当の幼稚園 保育園 を選ぶことで対応可能です。

弁当だったら親が量を調節できます。


年少の時の邪悪な保育士でも食べれる分の弁当を持っていけば
保育士に付け込まれる隙を与えずに済みます。


これで昼休み時間 一緒に出ることができ他の子と遊ぶこともできたでしょう。



さらに幼稚園(保育園)でも遊べるように根回しをしておくとなお良いです。


出来れば幼稚園に入る前に事前に友達になっておくのが

望ましいですがちょっと難しいかもしれないので

幼稚園(保育園)に入った後でもいいので

母親同士が仲良くなったら

幼稚園(保育園)以外で会って友達になっておく


これだったら幼稚園で昼休み時間遊ぶことも

抵抗なくできると思います。




プールの時間について

何故恐ろしかったか? 泳げなかったからです。

スイミングスクールに行ってある程度泳げれば
たとえ信頼できない保育士でも自分の身は自分で守ることができるという
安心感があります。
これでプールの時間を恐れずに済みます。




絵を描いたら下手だとけなされる

まあ 大したダメージではないので下手でも問題ありませんが
ある程度練習して
保育士・幼稚園教諭にケチを付けられない程度の
絵が描けたほうがいいでしょう。



お遊戯を踊らないで脅される

これは事前に「くだらないと思っても割り切って踊りなさい」
と親が指示しておきましょう。



他の子にいじめらえる

イジメる相手に対してどう対処するのか
事前に決めておきましょう。

イジメられたら必ず親に報告するように事前に決めておきましょう。

他の子に負けない様に運動して体力負けをしない様に
気持ちで押されない様にします。


最悪自分で対処できないようなら
あまり幼稚園教諭 保育士にに借りを作るようなことはしたくありませんが
幼稚園教諭 保育士 に注意をしてもらうようにするとか
直接親に注意をするとか
なんとか対応しましょう。



その他のこと

衣服の脱着やその他 平均的にできることはできるだけ練習して

無難にこなせるようになることが理想です。

ただ 難でもできるのが理想ですが

すべて完ぺきではなくても

できることを伸ばしていくことが大切です。




そして何故 幼稚園(保育園)に行くといいのか?
親が理解しましょう。

子供にも何のため幼稚園(保育園)行くのか理解させましょう。


自分の場合、うまくいっていないのに親が行けと言うから

無理やり我慢して行ったのが間違いだったんだと思います。




まとめ


自分の子供のことを客観的に見てみる。

体は大きいか小さいか

器用か不器用か?

性格はどんな性格か?



幼稚園では何があって何ができないといけないのか考えて

事前出来る様になってから行きましょう。



うまくいきそうにないなら幼稚園に入れない

入れた後どうしてもうまくいかないようなら小学校から仕切り直す

そういう考え方もありだと思います。


出だしはホントに大事です。



緘黙と言うと緘黙を治すことにこだわりがちですが

緘黙を克服した人の話を聞いていると

勉強ができたとか友達がきっかけとか

緘黙以外の部分の問題が大きかったりします。


なので緘黙以外の伸ばせる部分を伸ばす

苦手な部分は克服できる部分は克服する

正しバランスは大切。

無理に不得意なことを努力して苦痛になってしまったら意味がない。




幼稚園(保育園)は必ずしも子どものことを思っているわけではない。

そのことを正しく理解することが大切です。
カテゴリ
タグ
Copyright © 場面緘黙症専用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。