ネットの感想のカテゴリ記事一覧

場面緘黙症の自分なりの解釈や治す方法 緘黙との上手な付き合い方。子供の頃の緘黙の話など

カテゴリ:ネットの感想

  • 2014/10/26ネットの感想

    http://diamond.jp/articles/-/41223記事の感想です。 >「幼少の頃、場面緘黙の存在がわかっていて、適切な治療を受けていれば…。娘のいまは、もっと違っていたかもしれない」今更批判しても仕方ないのかもしれないですがK子さんの娘が今、引きこもり状態にあって親とも話すことのできない状態にあるのは適切な治療を受けなかったからではなく間違ったことをしたからだと思う。余計なことをしなければ少なくとも親と話せないよう...

    記事を読む

  • 2016/04/21ネットの感想

    こんにちは、俊太です。久しぶりの更新になってしまいました。だめですね。今後はある程度は定期的に更新するつもりです。あと緘黙関係でやりたいこともあります。ところで皆さんは無料レポートって知っていますか?ネットビジネスをやっていない人にはあまり知られていないかもしれませんが一般の人が書いたいろいろな情報に関するレポートです。基本的にはアフィリエイトや転売のレポートが多く無料レポートをダウンロードした人...

    記事を読む

DIAMONDon lineの緘黙の記事の感想

http://diamond.jp/articles/-/41223

記事の感想です。

>「幼少の頃、場面緘黙の存在がわかっていて、適切な治療を受けていれば…。娘のいまは、もっと違っていたかもしれない」

今更批判しても仕方ないのかもしれないですが
K子さんの娘が今、引きこもり状態にあって
親とも話すことのできない状態にあるのは
適切な治療を受けなかったからではなく
間違ったことをしたからだと思う。
余計なことをしなければ少なくとも親と話せないような状態になることにはならなかったでしょう。

不登校の状態の時 相談室に相談に行くと

>不登校のみを問題視され、緘黙症についてはおざなりにされた。
>相談室の手法は、親子の関係を壊し、子どもと信頼関係を結んだ第三者が介入して学校へ引っ張っていくというもの。
>「子どもと一言も口を聞いてはいけない」という相談室の指導に違和感を抱きながらも信じた。

人の意見を取り入れるのが間違っているとは言わないけど
なぜ違和感を感じているのに信じるんでしょう?
結局は自分の子供を他人任せにしたのが原因なんじゃないかと思います。
もし自分の子供のことを真剣に考えて
他の人の意見を取り入れるにしても最終判断は自分がする
そう言う気持ちがあればこんなことにはならなかったんじゃないかと思います。

適切な治療を受けていればっと言っても
その辺の病院に行って適切な治療をしてくださいと言えば
適切な治療をしてくれてすぐに話せるようになるんでしょうか?
現実にはそんな簡単なものではなくて
親が自分の子供にとって何をすればいいのか真剣に考えなければいけない問題だと思います。
スポンサーサイト
カテゴリ
タグ

無料レポート

こんにちは、俊太です。

久しぶりの更新になってしまいました。

だめですね。今後はある程度は定期的に更新するつもりです。
あと緘黙関係でやりたいこともあります。

ところで皆さんは無料レポートって知っていますか?
ネットビジネスをやっていない人にはあまり知られていないかもしれませんが
一般の人が書いたいろいろな情報に関するレポートです。

基本的にはアフィリエイトや転売のレポートが多く
無料レポートをダウンロードした人はメルマガに登録されるため
無料レポートを作っている人はメルマガの読者を増やすために作っています。

僕もDVDせどりに関する無料レポートをいくつか作ってメルぞうに載せています。

まあそれはともかく

緘黙に関するレポートも一つだけあったので読んでみました。

こちらのサイトからダウンロードできます。

メルぞう

緘黙と入力してキーワードでeーBookを検索をクリックして探してください。

ダウンロードする時メルマガに登録されるのでヤフーなどの捨てアドレスを使ってください。

この無料レポートは負けたらあかん!の作者の人が書いた無料レポートです。




読んでみた感想は

うーん

あまり個人の批判ってしたくないんですけど

最初に応援メッセージと書いてあるんですが

正直どこが応援なのかわかりません。


この人は悪い人ではないと思うんですが・・・・

僕の母親と似たようなところがありますね。


一番どうかと思うのが いじめに関して

いじめに関して最初はすごい立派なことを言っているのに
実際に自分の子供がいじめられた時に
何かをした形跡が全く見られない。
こんなことがありました。と事実が淡々と描いてあって
まるで他人事のよう。
ここには書いていないけど具体的に何らかの対処をしたんでしょうか?
だったらいいんですが・・・

それにこれは緘黙だからいじめられたというか
緘黙でなくてもいじめられた可能性が高いと思う。
緘黙だから余計に反撃できないというのはあるかもしれませんが。


もし僕が親だったらどうするか。

まずどうすれば時間内に食べることができるのか考えます。
考えてみて時間内に食べる方法があれば
その方法を子供に教えてあげます。
もしどんなに努力しても不可能だったらどうするか?

教師と対立するのは得策ではないし
あまり口をはさみすぎるのもよくないですが
自分の子供に著しく悪影響を及ぼす場合なら
教師に対して意見を言うべきだと思います。

まずはやんわりと角の立たないように教師に
そういう事を辞めてもらえないかお願いします。

もし教師がそのことをやめないようなら
理詰めでとことんまで話し合います。

とことんまで話し合ってもだめな場合は
学年主任や校長に相談します。

まず校長から話してもらえばさすがに教師もおれるんじゃないかと
思うんですが
こういう教師って人間性に問題があるので
逆恨みされて教師に自分の子供が別のことでいじめられる可能性があるので
いじめられるようなら
最悪、1年後に担任が変わるまで不登校と言う選択肢もありかと思います。

一番いけないのが何もしないで放置することだと思います。

こどもの努力だけで解決できる問題ならいいんですがそうでない場合は
知恵を貸すかそれでもだめなら自分が行動しましょう。



あともう一つ

「緘黙の子が学校を休みたいという子どもが少ないのは辛くないからなのでしょうね。」

緘黙の子が全員 学校がが辛いと思っている。 というつもりはないですが

休まない だから 嫌ではない

っていうのは勝手な解釈だと思う。

行くのを嫌がらないのは 行くのを嫌がらないんであって
イコール嫌ではないとは限らない。


大体行くのを嫌がったら 簡単にじゃあ行かなくていいよ ってなるんだろうか?

嫌だけど無理やり我慢している場合だってあるはず。

いじめに関していじめられている子が
相談しなくてもいじめられているかどうか
大人が見抜くことがいじめ防止対策っと言いながら

学校へ行くことを嫌がっていないから学校が嫌ではないって
それっていじめられていると言わないからいじめがないっていう考え方と
全く同じだと思う。

こういう勝手な解釈って親にしてみたら気分的に楽だし
その場はいいかもしれないけど
もしつらい思いをしているなら
あとあとまで響くと思う。

まずは勝手な解釈をしないで事実を正確に把握することが大切。


もし辛いならどうすればいいか考えることができるし
適切なアドバイスで何とかなる場合だってある。


自分の子供が学校でひどい目に合っていて不幸だ。

その不都合な現実が受け入れられない。

こういう親って結構多いと思う。

事実を正確に把握して不都合な現実でも受け入れることによって
何らかの対処もできるんじゃないかと思っています。

それからいつになるかわかりませんけど僕も緘黙の無料レポートを作ろうかと思っています。
カテゴリ
タグ
Copyright © 場面緘黙症専用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます