スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙を治す方法 当事者編

前にも書きましたが 緘黙を治す場合 年齢が低ければ低いほど
周りの影響(親や学校)が大きくなり
年齢が高くなるにつれて本人の努力の方が大切になります。
まず 緘黙から抜け出すには心構えが大切です。
周りの責任で緘黙になった 
確かにその通りだとしてもいまさら周囲を責めても
貴方の人生は変わりません。
今現在の話
周りの人間に理解して欲しい 理解のない世間が悪い
と思っても世の中や世の中の人間は変わらないのです。
正直な話 世の中を変えるより 自分を変えたほうがずっと楽です。
わざわざ 難しい 現実的でないことを考えるより
より現実的で楽な道を進みましょう。

なんか偉そうな文だと思われるかも知れませんが
僕も完全に回復していません。
なのでここに書いてあることは
自分に向けても書いてあることです。
次回は自分を変える方法について書いてみます。

人気ランキングに参加しました。
この文を読んで 面白かった ためになった 共感した
など感じたらクリックしていただけるとうれしいです(*^_^*)

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

気持ちの持ち方を変えよう。

前回の続き 自分が変わる 
理想を言えば 普通に話せるようになればいい
でもなかなか難しいですよね。
しゃべれない事によって落ち込む
→気持ちが落ち込んで
→余計にしゃべれない
せめてそういう悪循環にはまらないことが大切です。
悩んだり落ち込んだりするのは意味のない無駄なことです。
悩むのではなく、どうすればよりいいのか考えることが大切です。
あと今現在しゃべれないのは仕方ない。
そう開き直るのもいいかもしれません。
この文を読んで 面白かった ためになった 共感した
など感じたらクリックしていただけるとうれしいです(*^_^*)
人気blogランキングへ

緘黙以外の部分を大きくする

子どもの緘黙を治す方法のひとつ
その他の面で光り輝くことで相対的に緘黙の問題を小さくするといいでしょう。
これって大人にも応用できるんじゃないかなって思います。
緘黙だけにとらわれないでそれ以外の部分を伸ばせるように
がんばりましょう。
次回は 緘黙以外の部分を伸ばそうを書くつもりです。
この文を読んで 面白かった ためになった 共感した
など感じたらクリックしていただけるとうれしいです(*^_^*)
人気blogランキングへ

緘黙以外の部分を伸ばそう

緘黙以外の部分とは何でしょう?
学生の場合、運動と勉強でしょうか。
大人の場合、仕事ができるのが大切だと思います。
あまりしゃべらないと人間関係がうまくいかないことが多いですが
仕事ができる人間は一目置かれます。
しゃべらない変な奴と言う目で見られても
仕事ができれれば人の評価もましになるでしょう。
しゃべれないことにこだわり過ぎないで
人よりできる人間を目指しましょう。
この文を読んで 面白かった ためになった 共感した
など感じたらクリックしていただけるとうれしいです(*^_^*)
人気blogランキングへ

元緘黙 「おとなしいね」

おはようございます。
最近、二日に一回エアロバイクで運動している俊太です。


そんなわけで微妙に筋肉痛です。

「おとなしいね」
緘黙そのものは治ったという人は良くこの台詞を言われるんじゃないでしょうか?
僕も言われます。
じゃあ どうしたらいいでしょうか?
無理して明るく振舞う?
それができる人ならいいんですが
それもできない人のほうが多いんじゃないでしょうか?
無理しても後が続かないことも多いでしょうし。
無理して明るく振舞うより
おとなしいけど楽しい人 
おとなしいけど面白い人
おとなしくて感じの良い人
を目指してみるといいかもしれません。
楽しい人 面白い人 感じの良い人 
これらは本など読んだり人を観察して
努力しだいでなんとかなる可能性が高いと思います。

この記事に共感したらクリックしてください。
人気blogランキングへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。