スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しました。

アメブロに引っ越しました。

場面緘黙症専用
スポンサーサイト

知識だけでは解決しない。

緘黙のよくある誤解

大人になるから大丈夫 


これっていろんな人が言いますが



もうひとつよくある誤解があると思っています。

それは 

正しい対応を知ったら正しい対応をしてくれる。

間違った対応をするのは正しい対応を知らないからだ。

緘黙のことをよく知ってほしい。

だから学校の先生にこうするといい。

ああするといいという資料をたくさん渡して理解してもらおう。




大切なのは相手の気持ちを理解することです。

正しい知識だけでは解決はしません。


分かりやすくするためにちょっとたとえ話をしてみます。


痩せたい痩せたいと言っている人がいました。

その人がコーラを飲んでいました。


そこで僕がその人に向かって


「のどが渇いたときはお茶かお水を飲むといいですよ(*^_^*)」


「コーラは砂糖がたくさん入っているから飲むと太りますよ(*^_^*)」


「水分補給はお水でいいんですよ(*^_^*)」


「砂糖は一切取らなくてもいいんですよ(*^_^*)」



っと言ったらどうなると思いますか?

「なるほどそうだったのか 知らなかった。
それじゃあ これからコーラとか砂糖の入ったものは一切取らないようにします(^o^)/」


なんて答えが返ってくると思いますか?


そんなこと言われなくても分かっている。


砂糖を取ったら太る


言われなくても知っているんです。


でも砂糖を取りたいんです。


甘いものを飲んだり食べたりしたいんです。


知識ではないんです。

人間は苦痛を避けて快楽を求めるものなんです。


学校の先生(幼稚園・保育園の先生)に対して



緘黙の子と信頼関係を築くといいですよ。

子供の目線に降りて優しく話しかけてください。

緘黙の子と交換日記をするといいですよ。



そう言う知識を与えても苦痛なこと(面倒なこと)はしたくありません。


幼稚園や学校の先生の見本みたいなことを要求するのはやめましょう。

要求するときは現実的にやってもらえそうなことを頼みましょう。

無料レポート

こんにちは、俊太です。

久しぶりの更新になってしまいました。

だめですね。今後はある程度は定期的に更新するつもりです。
あと緘黙関係でやりたいこともあります。

ところで皆さんは無料レポートって知っていますか?
ネットビジネスをやっていない人にはあまり知られていないかもしれませんが
一般の人が書いたいろいろな情報に関するレポートです。

基本的にはアフィリエイトや転売のレポートが多く
無料レポートをダウンロードした人はメルマガに登録されるため
無料レポートを作っている人はメルマガの読者を増やすために作っています。

僕もDVDせどりに関する無料レポートをいくつか作ってメルぞうに載せています。

まあそれはともかく

緘黙に関するレポートも一つだけあったので読んでみました。

こちらのサイトからダウンロードできます。

メルぞう

緘黙と入力してキーワードでeーBookを検索をクリックして探してください。

ダウンロードする時メルマガに登録されるのでヤフーなどの捨てアドレスを使ってください。

この無料レポートは負けたらあかん!の作者の人が書いた無料レポートです。




読んでみた感想は

うーん

あまり個人の批判ってしたくないんですけど

最初に応援メッセージと書いてあるんですが

正直どこが応援なのかわかりません。


この人は悪い人ではないと思うんですが・・・・

僕の母親と似たようなところがありますね。


一番どうかと思うのが いじめに関して

いじめに関して最初はすごい立派なことを言っているのに
実際に自分の子供がいじめられた時に
何かをした形跡が全く見られない。
こんなことがありました。と事実が淡々と描いてあって
まるで他人事のよう。
ここには書いていないけど具体的に何らかの対処をしたんでしょうか?
だったらいいんですが・・・

それにこれは緘黙だからいじめられたというか
緘黙でなくてもいじめられた可能性が高いと思う。
緘黙だから余計に反撃できないというのはあるかもしれませんが。


もし僕が親だったらどうするか。

まずどうすれば時間内に食べることができるのか考えます。
考えてみて時間内に食べる方法があれば
その方法を子供に教えてあげます。
もしどんなに努力しても不可能だったらどうするか?

教師と対立するのは得策ではないし
あまり口をはさみすぎるのもよくないですが
自分の子供に著しく悪影響を及ぼす場合なら
教師に対して意見を言うべきだと思います。

まずはやんわりと角の立たないように教師に
そういう事を辞めてもらえないかお願いします。

もし教師がそのことをやめないようなら
理詰めでとことんまで話し合います。

とことんまで話し合ってもだめな場合は
学年主任や校長に相談します。

まず校長から話してもらえばさすがに教師もおれるんじゃないかと
思うんですが
こういう教師って人間性に問題があるので
逆恨みされて教師に自分の子供が別のことでいじめられる可能性があるので
いじめられるようなら
最悪、1年後に担任が変わるまで不登校と言う選択肢もありかと思います。

一番いけないのが何もしないで放置することだと思います。

こどもの努力だけで解決できる問題ならいいんですがそうでない場合は
知恵を貸すかそれでもだめなら自分が行動しましょう。



あともう一つ

「緘黙の子が学校を休みたいという子どもが少ないのは辛くないからなのでしょうね。」

緘黙の子が全員 学校がが辛いと思っている。 というつもりはないですが

休まない だから 嫌ではない

っていうのは勝手な解釈だと思う。

行くのを嫌がらないのは 行くのを嫌がらないんであって
イコール嫌ではないとは限らない。


大体行くのを嫌がったら 簡単にじゃあ行かなくていいよ ってなるんだろうか?

嫌だけど無理やり我慢している場合だってあるはず。

いじめに関していじめられている子が
相談しなくてもいじめられているかどうか
大人が見抜くことがいじめ防止対策っと言いながら

学校へ行くことを嫌がっていないから学校が嫌ではないって
それっていじめられていると言わないからいじめがないっていう考え方と
全く同じだと思う。

こういう勝手な解釈って親にしてみたら気分的に楽だし
その場はいいかもしれないけど
もしつらい思いをしているなら
あとあとまで響くと思う。

まずは勝手な解釈をしないで事実を正確に把握することが大切。


もし辛いならどうすればいいか考えることができるし
適切なアドバイスで何とかなる場合だってある。


自分の子供が学校でひどい目に合っていて不幸だ。

その不都合な現実が受け入れられない。

こういう親って結構多いと思う。

事実を正確に把握して不都合な現実でも受け入れることによって
何らかの対処もできるんじゃないかと思っています。

それからいつになるかわかりませんけど僕も緘黙の無料レポートを作ろうかと思っています。

緘黙とモンスターペアレント

モンスターペアレントにもいろいろあって

ただ自己中心的で誰が見ても無茶な話もあれば

子供のことを思って行動していて

確かにそれをすれば子供のためになるけど

教師にとって負担になったり他の人にとって迷惑になる場合もあります。



モンスターペアレントの一例は

「自分の子どもを手厚く指導するために専用の教員をつけろ」

自分の子供が“評判の良いベテラン教師”以外に担任されることを不当待遇であると考える

新しい教育法を取り入れてほしい

あの子と一緒のクラスにしないでほしい あの子と一緒のクラスにしてほしい

などだそうです。


ここで問題があります。


緘黙ネットの資料をみると

>お子さんに合った担任選びに参加させてもらう
>優しく穏やかで理解のある、緘黙児のための特別な配慮をいとわない先生にしてもらおう。

緘黙ネットに書いてあることを要求するとモンスターペアレントになってしまう矛盾が生じます。

確かに緘黙の子にとって

優しく穏やかで理解のある、緘黙児のための特別な配慮をいとわない先生

のほうがいいに決まっています。

でもそれって他の生徒にとっても同じなんです。

キャリアの浅い先生や評判の悪い先生が担任より

優しく穏やかで理解のある先生のほうがどの子にとってもいい

でもみんなが評判のいい先生を指名したらクラス分けができなくなってしまう

他にも緘黙の子のためになるからと言って

あれこれ要求するのも新しい教育法を取り入れてほしいと同じことになってしまう。

緘黙の子にとってはいいけど教師にとっては負担になる。

あの子と一緒のクラスにしないでほしい あの子と一緒のクラスにしてほしい

これも自分の子供にとってはいいけど教師にとってはあれこれ指定されるとクラス分けができなくなる。


じゃあどうしたらいいのか?

モンスターペアレントにならないようにするには

相手の立場になって考えましょう。

たとえば担任選びに参加させてもらえるかどうかは

必ず参加させてもらえると思わないで

あくまでも希望として伝えましょう。

あの子と一緒のクラスにしないでほしい あの子と一緒のクラスにしてほしい

なども同様です。

例えば去年ひどくいじめられたから同じクラスにしないでほしいなど

そういう要望だったら通ることも多いと思います。


何か要求をするときは

相手の負担を考えましょう

どれくらいの負担になるのか?

そしてどの程度の効果があるのか?

考えてみましょう。


ただ明らかに自分の子にとって悪影響を及ぼすような場合は

はっきりというべきことを言いましょう。

正しい意見でも喧嘩腰にならないように

柔らかく言いましょう。

世界仰天ニュース モンスターペアレント

過去に緘黙について取り上げたことのある番組

世界仰天ニュース

僕はずっと前から好きでよく見ています。

8月26日はモンスターペアレントの話でした。

いろいろな話が出てきましたが

これってモンスターペアレントなの?

っていう話が二つありました。


先生に復讐するモンスター

すごい偏食の子がいて

教師が親に対して何とかならないかと母親に言ったら

母親は嫌だというものを無理やり食べさせる必要はない

という話でした。

この番組を見て

ここまでの偏食の場合

単なる食わず嫌いとかいう問題ではないと思う。

今までずっと治すことができなかったのに

この教師だったら偏食を治すことができるとはとても思えない。

どうしてここまで極端な偏食なのか

どうすれば改善できるのか

医学的な知識でアプローチしてくれるならいいけど

ただ 食べろ食べろ と言い続けたり

なぜ食べなければいけないのか? などいろいろ理屈を言うだけだと思う。

そんなことをしていたら

結局、偏食は治らない 毎日学校が給食のおかげて苦痛になる。

学校が嫌いになると 成績は落ちる 運動にも悪影響を及ぼす

友達との人間関係も悪くなる

そういう負の連鎖に陥ると思う。

学校というのは勉強をするところであって給食を残さず食べるところではない。

この教師は悪影響を及ぼしたら何らかの責任を取ろうとか

そういう気持ちがあるんだろうか?

ただ単に決まりを守らせる そいういう偏った考え方しか持っていないと思う。

なんでもかんでも教師の言うことに従ってはいけない。

この親は正しい行動をとった。


もう一つは夏休みの宿題に潜むモンスター

学校で夏休みの宿題が大量にあった。

書き取りの宿題があって

すでに知っている字を一つ50文字 書かせるというものだった。


そこで母親が学校に乗り込んでいき

「同じ字を呪いみたい何度も書かせる宿題ではなく

うちの子のレベルに合った宿題を出してください。」



宿題っていったい何のために誰のためにあるんでしょうか?

子供の学力を向上させるためですよね?

その子にとって何の意味のない

ただ手がつかれるだけの宿題を出す意味って何?

学校での授業ならわかるけど

夏休みのプライベートな時間にそんなことをさせて

その子の勉強の邪魔をするような宿題を出すって

どうなんでしょう?

宿題をやったおかげで学力が下がるって笑えない話だと思う。

子供の学力低下が問題視されているのに

子供の邪魔をする宿題を出すことに何の疑問を持たない教師ってどうなんでしょうか?

ただルーチンワークとして意味も分からずに宿題を出しているだけで

一体何のためにとか何故それをするのかとか

考えていないんだと思う。


そもそもモンスターペアレントとは

ウィキペディアによると

学校などに対して自己中心的かつ理不尽な要求をする親を意味する。

なお、要求を繰り返すことがあっても、当該の要求が常識の範囲内にあり、

かつしかるべき理由を明示してくる場合は「モンスターペアレント」とは呼称されない。

だそうです。

給食の場合、食べないからと言って誰かが迷惑するわけでもないし
無理に食べさせると自分の子供に悪影響が及ぼすから正当な要求だと思う。

夏休みの宿題の場合
教師にとって宿題の内容を変えるのは多少手間がかかるけど
自分の子供にとって何の役にも立たない
受験勉強に悪影響が出る宿題に抗議するのも正当な要求だと思う。


学校の先生や学校に対して一切意見を言わない。

教師にとってそういうのが理想的な親なんだと思います。

ただ教師の言うことやることに一切文句を言わない。

それではいけないと思います。

ただ実際にこれは無茶な要求だろうという話もあります。

本当のモンスターペアレントになってはいけません。

長くなったので次回に続きます。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
場面緘黙児へのアプローチ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。